produced by 損保ジャパン日本興亜

  • 損保ジャパン日本興亜マイカーローン

快適カーライフ術

自動車用語集(3) 自動車取得税とは

  • facebook
  • twitter
  • line

自動車取得税とは、文字どおり自動車の取得に対して課される税金です。納税義務者は自動車を購入した方です。ただしローンによって購入などした場合は、買主である使用者が納税義務者となります。自動車の購入金額に応じた税金を納付することになります。おもに都道府県および市区町村の道路整備の費用として使われることを目的としています。税率は本来3%ですが、2018年3月31日まで自家用車(軽自動車を除く)の取得に対しては2%の暫定税率が上乗せされています。都道府県に納付された額の約3分の2は、管理する市区町村道の延長および面積に応じて、市区町村に交付されます。なお、グリーン化税制として、一定基準を満たす低公害車・低燃費車については、2012年3月31日までの取得に限り、税額が軽減されます。

株式会社テクノメディア

快適カーライフ術一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。